気ままにせいすこう

せいすこうの、せいすこうによる、せいすこうのためのブログ

痔ろうの日帰り手術(肛門括約筋温存術)の体験談・感想。ついでに内痔核も2つ切除したよ!

f:id:seisukou:20180518094849j:plain

これはある男の痔との戦いを綴った物語である。
今回は第三弾。痔ろうの日帰り手術(肛門括約筋温存術)を受けた時のお話。

前回までの記事はこちら

実際の手術の日の体験談を時系列でお送りしたいと思います。

痔瘻の日帰り手術の感想

午前8時30分:病院へ

朝の7時くらいに起床し、8時半に病院へ行きました。
前日は良く寝て来てくださいとお医者さんから言われていましたが、手術への恐怖と緊張でうまく寝付けず、結局5時間程しか眠る事ができませんでした。
受付で誓約書?みたいのにサインし、保険証・診察券を渡し、緊急連絡先を伝え、待合室で待機します。

そして、待つことおよそ10分。遂に呼ばれました。
手術着に着替え、まずは血圧を測ります。具体的な数値は覚えていません。笑

次は浣腸です。
前回一度やりましたが、これはやっぱりどうしても慣れない…。
砂時計が置いてあって、3分待ってから座って用を足してくださいと言われているのですが、我慢しきれず、2分ちょい位でぶちまけました。
※ぶちまけたといってもきちんと便器の中です

この浣腸に耐える人こそ強者ですよ。笑

その後、点滴が始まり、手術を待ちます。

午前9時30分頃:手術開始

点滴をしながらリラックスして待っていると看護師さんが呼びにきました。手術台へ向かいます。
手術の体制は相変わらずのうつ伏せです。

オペの前に、両サイドにお尻を引っ張られ、ガムテープのような物で固定し、剃毛されます。
もうここまでくればなんの恥ずかしさの抵抗もありません。

そしてその後、先生がやってきます。麻酔です。
前回と同様、仙骨麻酔です。これもまた独特な感じで、身体の髄の中に入ってきてグググッと変な感じに襲われます。
前回は、1回では効かずに、2回しましたが、今回はこの仙骨麻酔と普通の麻酔注射のような物を施されました。

この麻酔の時から目をつむりました。
ただただ怖くて、目を閉じて無心になりました。
すると15分くらいたった頃でしょうか?「終わりましたぁ」と。

えっ!?早くない??

前回よりもだいぶ早い手術時間です。あまりの早さに本当に大丈夫なのか正直めちゃくちゃ不安になりましたよ…。
そしてその後は、ベッドで2時間くらいの休憩。
麻酔の影響かわかりませんが、爆睡してました。

麻酔が切れてきたら、お小水を出して終わりです。
前回の術後もそうですが、この時お小水がでなければカテーテル。
僕の場合は割とスムーズに出たので本当に良かったです。

麻酔が切れてきたら、だんだん痛みが出てきます。
最後にもう一度麻酔の注射をしてもらい、この日の手術は終了です。

病院では、2日分の薬と1日分の食べ物が処方されました。
1日分の食べ物って言っても検査食なんですが…

f:id:seisukou:20180518094945j:plain

その日の夜の食事にお菓子のビスコ5枚。
次の日の朝におかゆと大根とじゃがいもの鶏そぼろあんかけ。
次の日の昼にクリームシチューという物でした。

午後2時頃:帰宅

さて、朝8時頃に家を出て、お昼すぎにはもう家に帰ってきました。
病院を出る段階ですでに痛みがでてきていたので、タクシーで帰りました。

帰り着く頃にはもうとんでもない痛み。とにかく痛い。どうしようもなく痛い。
夕方になるにつれて、さらに痛みは増し、もがき苦しみました。
この世の終わりなんじゃないかと思う程にもがき苦しみました。

寝ようと頑張りましたが、眠りについても1時間経たないうちに目覚める、という感じの繰り返しです。
飲む時間が決まっている薬に加え、痛みが酷い時に飲む薬も処方されましたが、それも2回使いました。
本当に、マジで、リアルガチに、とにかくきつかった…。

時間と共に痛みは和らぎ、朝方になると割と痛みも取れて、ゆっくり休む事ができました。

手術から2日後…

さて、手術が終わってから2日。
朝からピリピリとした痛みはあるものの、耐えれる程の痛みとなりました。

しかし、最大の山場として待ち構えるのはトイレ!
今晩か?翌朝か?
手術前にそわそわしていましたが、手術後も排便のことでずっとそわそわ…。
恐怖でしかありません。絶対に通らなければいけない道!

次回の記事では、痔ろうの日帰り手術の経過報告を綴らせていただきます。