気ままにせいすこう

せいすこうの、せいすこうによる、せいすこうのためのブログ

SEOの移り変わりやスマホ特化についてのお話

f:id:seisukou:20180227113717j:plain

さて、今回はちょっと初心に戻ってみようと思い、SEOとは?という一般的なことからSEOの移り変わりについて簡単に(テキトー)にお話したいと思います。

そもそも、SEOって?

SEOとは、簡単に説明すると、検索エンジンからの集客を増やし、売上や問い合わせ数を向上させる手法やその取り組みを意味します。まぁこれくらいはなんとなく分かりますよね。

誰しもがスマホも持つ今の時代、何か調べものをする時に検索エンジンを使う人は結構多いと思います。「ググる」って言葉をよく耳にしますよね。

※女子高生とかは調べる時にインスタとかツイッターのハッシュタグで調べたりする子も多いんだとかどうだとか…。

たくさんの人に自分のサイト(自社サイトやサービスサイト)を見てもらうためには、このSEOを考慮したサイト作りが欠かせません。

検索する人は調べたい事に対して、単語だったり、フレーズだったりを入力するかと思います。これに対して検索エンジンはその意図にあったページを関連性の高い順に表示してくれるようになっています。

検索から目的のページにたどり着く、そんな検索エンジンを利用したユーザーの行動に着目し、「集客を増やそうぜ!」といった意気込みをSEOといいます。冗談です。

まぁ意気込みに関しては間違いではないかと僕は思いますが、本当のところは売上や問い合わせ数を向上させるための手法や取り組みをSEOといいます。

※SEO(Search Engine Optimization)

 日本語だと「検索エンジン最適化」

ってこれくらい知ってるか。笑

今、ネット上には膨大な数のWebページが存在しています。物理的なものであれば地球は埋もれてるんじゃないかってくらいに。※実際のところ、サーバー上にあるのでそれを物理的だとか言う人はごめんなさい。

その中から検索エンジンは必要な情報を探してくれます。この適切に提供するための手順を「アルゴリズム」といいます。

検索エンジンの代表格であるGoogleは独自のアルゴリズムを日々研究・更新しながら、膨大な数のWebページの中から検索キーワードに相応しいページを探し出し表示してくれます。サイトを運営している人にとっては、いかに多くの人に自身のサイトを見つけてもらうかが大きな課題となっているでしょう。

主要キーワードの検索結果の上位に表示されることで、サービスの認知度が向上したり成約につながる事はあきらかに分かります。そのため、サイト運営者たちは検索エンジンの傾向について研究するようになり、SEOという手法が登場するわけですね。

ちなみに、僕の口説き文句は「君のアルゴリズムを解析したい」です。嘘です。

初期の検索エンジンとSEOの移り変わり

さて、ここからはちょっと歴史っぽくなります。

検索エンジンは1990年に産声をあげます(詳しくはぐぐれかす。やほーでもいいよ)。

1990年代後半になると、みなさんおなじみのGoogleやYahoo!、Exciteなど様々なサービスが登場します。

この頃のSEOといえば「キーワードを上位表示させたいページにたくさん詰め込む」という原始的な手法で簡単に上位表示させることができました。

しかし、そんな仕組みだと色々と悪い奴らが横行しますよね。本当にユーザーが欲しがっている情報が上位にこなくなるわけですよ。

そのため、検索エンジンは進化し、適切なページが上位に表示されるようにするため、改良を重ねます。これまでのSEOが検索エンジンに対する施策だったのに対し、ここ最近のSEOは”ユーザーに焦点を当てた取り組み”へと変わってきました。

要するにこれまではガーッってやってれば上がってたのが、今ではチョチョチョーってやらないと上がらなくなったというわけですね。

ちなみに、検索する際に使われているデバイスはこれまではパソコンが主流だったのですが、2015年にGoogleの発表した情報によるとアメリカや日本などでモバイル(スマートフォンやタブレット)による検索がパソコンを上回ったとのこと。

テレビで旅番組とか観てても、途上国(適切でないかもしれないが)が映る時に交通等のインフラが整っていないのにスマホは1人1台もってたりしますからね。びっくりですよ。

また、これまでのアルゴリズムではパソコン用サイトの内容を評価して検索順位が決められていましたが、Googleは2018年からスマホ用サイトの内容を評価すると発表しています。

モバイルファーストインデックス(MFI:Mobile First Indexing)ってやつですね。

そのためWeb担当者はPCユーザーだけでなく、スマホユーザーの利便性も考慮しなければならなくなったというわけですね。

まぁ、ほとんどの勉強熱心なWeb担当者は既に対応を済ませているかと思いますが…。

もしくは現在進行系でバタバタしているかな?笑

と、まぁここまでSEOの概要から歴史?的な事について非常に分かりやすくファンタジー感溢れる小説のような文で解説しましたが、間違っている事もあるかと思います。ご指摘などあればご一報ください。※優しい口調でお願いしますね。