気ままにせいすこう

せいすこうの、せいすこうによる、せいすこうのためのブログ

ありがとう生駒里奈、お疲れさま生駒里奈。

f:id:seisukou:20180227114500j:plain

生駒ちゃん、お疲れ様でした。
いつだって僕を楽しませてくれた生駒ちゃん。
テレビでも泣いたり笑ったり本当にこの子は純粋で良い子なんだろうって心から思っていたよ。

生駒ちゃんといえば、乃木坂の顔と言っても過言ではないだろう。
1stシングルの「ぐるぐるカーテン」からセンターを務め、「走れ!Bicycle」は歌も振り付けもポップで可愛かったなぁ。

ところがどっこい、4thシングルの「制服のマネキン」からは路線変更。
これまでの生駒ちゃんとは異なる格好いいイメージ。僕が乃木坂の虜になったのはちょうどこの頃かな。

乃木坂46のデビュー1周年記念で行われたライブ「乃木坂46 1ST YEAR BIRTHDAY LIVE」。
幕張メッセまで見に行ったよ。
本当に感動した。デビューしたばかりの頃を詳しく知っているわけではないけれど、ものすごく成長を感じたよ。

特に印象深かったのはエンディング。
上から乃木坂46のロゴが入った風船が降ってきて、全員で横一列に並び、生駒ちゃんが「私たちは乃木坂…」っていったら、「46!」って叫んで、ステージを後にしたよね。

僕はまだ20代だけど、なんだか娘の発表会を見ているような感じ。
DVDも何回観たことか。必死に予約して買ったよ。

それから、衝撃的な出来事もあったよね。
6thシングル「ガールズルール」でまいやんとのセンター交代。
そして、このタイミングでの生駒ちゃんのAKB48との兼任。
AKB48への選抜は正直涙がでるほど驚いたよ。

これに対し、ファンの間では兼任反対の署名運動。
さらにファンだけでなく、メンバーであるまいやんもななせまるも異議を唱えた。
どうなるんだろってものすごく心配したよ。

それからどんどんファンも増えていったと思う。
ライブも握手会も人だらけ。

ただの1ファンだけれども、他の人のものになった気がして、なんだかとても遠い存在になった気がしたよ。

それでもシングルは絶対聴いていたし、乃木坂って、どこ?、乃木坂工事中も録画して必ず観てた。
それだけ思い入れがあった。

そうそう、去年の話だけど、17thシングルの「インフルエンサー」はミリオンセールス達成したね。遅くなったけど、おめでとう。本当にすごいと思うよ。

そんな人気絶頂期にある乃木坂46からの卒業。
これからはタレント業とか頑張っていくと思うけど、引き続き応援はしていくよ。

生駒ちゃん、本当にこれまでありがとう。
そして、お疲れさま。

改めて最後に生駒里奈に敬意を。


まぁ一番好きなのは西野七瀬なんだけどね。