気ままにせいすこう

気ままに綴る雑記ブログです。

どうして、「最低でも3年は働け」って言われるのか。その根拠は?

 

f:id:seisukou:20180329134754j:plain

こんにちは、せいすこうです。

社会ではよく「3年間」という言葉がキーワードとされます。

学生だったら、「3年間は学びなさい」
社会人だったら、「3年間は働きなさい」
とかとか。

でも、どうして「3年間は働きなさい」って言われるのでしょうか?

ゆとり世代ど真ん中の僕からすれば、不満を持ちながら無理して働きたくない!ってのが素直な気持ちです。
だから、そんなの気にしてたまるもんか!って思ってたんですが、きちんと根拠があるようです。

というわけで、今回のサブタイトル…
「仕事が嫌で苦しくても、3年間頑張って働けば転職も有利になるってさ。」

3年間は働けって言われる根拠

はい。というわけで、3年間頑張る意味についてお話したいと思います。
なぜ「3年間」なのかといいますと、何かを身につけるのに必要な期間が最低3年間と言われているからのようです。
この何かを身につけるという事を細かく分けて考えると、3段階に別れます。

  1. 知る
  2. 身につける
  3. 使える

この「使える」という段階になったら本当に「身についた」ということになります。
しかし、この使える段階に進むためには、ある程度知識と経験量、そして時間が必要になります。

それが、3年間というわけです。
そのため、社会的には3年未満で仕事を辞めたら、在職期間が短くなるので、習得の具合が中途半端と捉えられてしまうのです。

会社員としてやっていくなら、3年間は働いたほうがいいよ

転職活動では、在職中のキャリアを武器にしてアピールします。
1度や2度会っただけではぶっちゃけその人の事なんて分からないし、判断基準として3年間は頑張って働いていたっていうのが指標になるわけなんですよね。

在職期間が3年に満たない場合、本当に身についているのか、採用担当者に疑われやすくなります。
採用しても、また3年も絶たずに辞めちゃうんじゃないかという不安も与えます。

気に食わない人も多いとは思いますが、世の中そういう社会になってしまっているから、そうするのが無難なんですよね。

つまり、技能を習得するためだけでなく、転職を成功させる意味においても、一定の期間働く必要があるってことです。
それが「働くのなら最低3年間」と言われる理由なのです。


とはいえ、それでも僕は合わないと思ったらすぐ辞めるし、そんなん関係あるかよとか思ってしまいます。
なんだかんだで、なんとかなるんですよね。笑
まぁ、この考え方が「ゆとり」なのでしょうかね。

では、本日はこの辺で。